天海の水が格安の初回限定お試し3本セット驚き980円!

海の水お試し3本セットは、
飲みやすい軟水からミネラルたっぷりの硬水まで
3種の海洋深層水通常価格1696円のところ
初回限定わずか980円(税込み)の特別価格で
一度にお試し
いただけます。

発売15周年記念
3種類の海洋深層水を一度に実感!
・天海の水硬度1000 2L
・天海の水硬度250 2L
・天海の水軟水 2L

天海の水が格安に。山の水との違い

海洋深層水はミネラルバランスが山の水と違います。
海の水はマグネシウムが主体で、山の水はカルシウムが主体です。 海の水は、山の水と比べてミネラルがとても多く含まれており、海の水ならではの硬度の高い商品を 作り出すことができます。

現在、市販されているミネラルウォーターの多くは山の水です。
それは湧き水、地下水など原料はさまざまです。対して「天海の水」は海の水です。

さらに、山の水はカルシウムだけ突出して多いものが大半ですが、海の水である「天海の水」は カルシウムもさることながら生きていく上で大切な栄養素であるマグネシウム、カリウムをも豊富に 含んでいることが最大の特長です。 「母なる海」と呼ばれるように海水のミネラルバランスは人間の体液(血しょう)に近いこともわかっています。

天海格安で選ぶポイント・マグネシウムとは?

硬度とは水1L中のマグネシウムの量とカルシウムの量を 所定の計算式にあてはめて導き出した値をいいます。
そして硬度100未満は軟水、硬度100〜299は中硬水、 硬度300以上は硬水と呼ばれています。

一般的に、山を産地とした“山の水”はマグネウムではなく、カルシウムが多く含まれています。 これは山の水は、採取されるまでに砂や岩盤を通っているために、カルシウムが含まれやすくなるためです。
一方、 「天海の水」の原料となっている“海の水”は、マグネシウムが多く含まれています。

同じ硬度でも“山の水”と“海の水”ではこのようにミネラルバランスに違いがあります。 いろいろなミネラルウォーターを飲んだときに味が違うのも、含まれるミネラル量とミネラルバランスが違う ことが要因になっています。 マグネシウムが多い・・これが海洋深層水のポイントです。

このページでは、「天海の水」の初回限定お試し3本セットについての情報を掲載しています。他にも、「天海の水」の硬度、硬度1000、深層水、アマゾン、軟水、炭酸、phについての情報を掲載予定です。

女の子を選びチャット